FC2ブログ

空抜け、人工物とまりですが何か…

僕は鳥の写真を撮るけど、それは鳥の事をもっと深く知るための手段や記録用
今のデジカメは画像とともに撮影日などのデータも同時に記録されるのでとても便利なのだ
131201watarase17.jpg
ハヤブサ、2013年12月1日群馬県邑楽郡
とまっている電柱の真下から撮影した、この距離で観察できる機会はめったにない
上嘴の嘴縁突起が下嘴の切欠きに見事に合致しているのが見えた
151128watarase18.jpg
ハヤブサ、2015年11月28日群馬県邑楽郡
至近距離にも関わらず非常にリラックスした姿を見せてくれた個体
足の裏の形状がよくわかった
140608sayama17.jpg
チョウゲンボウ、2014年6月8日狭山市
雨の中、翼を広げて雨を浴びる♀成鳥
151128watarase16.jpg
ミサゴ、2015年11月28日栃木県
初列風切の特殊な羽毛の形状が見える
141011kawajima8.jpg
ノスリ、2014年10月11日川島町
繁殖期やねぐら入り前でもないのにノスリは何故2羽でいるのだろう?
この場所には餌が潤沢にある証なのかもしれない
150503kawajima7.jpg
オオタカ、2015年5月3日坂戸市
すぐ近くにハクセキレイがいる、何故オオタカは襲わないのか?
これはタカ観察の先生に聞いてみた
狩りの態勢に入っていないと、至近距離でも襲えないことをハクセキレイは知っているのだろうとの事

よく野鳥関係のブログやHPで、残念だ空抜けになってしまった、とか人工物とまりなのが残念、なんて書いてある
ぼくはそんなことは意に介さない、写真集を出す訳じゃなし、カレンダーを作るわけでもないのだから…
そんなに完璧を目指すなら種名くらいは正確に記載して欲しいなあ
そういうブログやHPって往々にして珍名が書いてある事がある、ミヤマホウジロとかユリカゴメとか

そろそろ秋の渡りのシーズン到来、今年も期待しよう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR