FC2ブログ

雨上がりにチャンスあり

9月23日朝まで雨が降っていた、9時ころ雨が上がったので小畔川を短時間歩いてきた
もちろん季節的に渡りの鳥を求めての事、でも何もいないふと見ると満開のヒガンバナの上に白い物が見えた
170923koaze1.jpg
何とオオタカが樹上でチュウサギを抑え込んでいた
既に大分食べたようで胸の辺りがふくらんでいる
170923koaze2.jpg
こんな光景は中々見る事が出来ない、しかも我が家から徒歩でわずか10分ほどの場所だ
こちらを警戒している、さりとて逃げるわけでもない、プレッシャーを与えぬように気を付け観察する
もう飽食しているようで食べる事はしない
相手との距離感がつかめて余裕が出たので、胸ポケットからコンパクトデジカメを出してテスト撮影してみた
170923koaze3.jpg
とても鑑賞に堪える画質ではないけど、証拠写真としては充分使える
わずか重さ180gのコンデジでここまで写れば文句はない
昔EDレンズなど無かった時代のフィルム一眼+超望遠レンズの画質などこんなものだった
しばらくするとシジュウカラ10数羽の群がオオタカのまわりにやってきた
3MTほどまで近づく個体もいる、全く恐れる様子が見られない
170923koaze4.jpg
オオタカとシジュウカラを一緒に撮ろうとしたけど難しい
シジュウカラがどこにいるのか分からないので、赤丸をつけてみた

時間の制約があったので後ろ髪を引かれながらそっと退却した帰り道
遠くでチョウゲンボウの♂が飛んでいるのが見えた
170923koaze5.jpg
こちらに向かって飛んできた
170923koaze6.jpg
チョウゲンボウやハヤブサの眼の下にある、いわゆるハヤブサヒゲは正面から見ると真下を向いている
これも何らかの意味があるのだろうなあ、などと考えているとすぐ近くまでやってきた
170923koaze7.jpg
ここまで自宅を出てわずか1時間あまりの間の出来事だ、都会在住のバーダーはこんな体験は出来ないだろうなあ
小畔川に感謝
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR