久しぶりの大空振り

170930ogose1.jpg
9月30日、越生の大高山へ夜明けを待って出かけた、初めて行く場所
秋の渡りの鳥たちに出会えるか?
現地は駅から登れるハイキングコースとなっていて訪れるハイカーも多い
遠く東京のビル街まで見えて視界良好、ただし環境は最悪、全山ほぼ100%ヒノキ、サワラ、スギの造林
とにかく鳥がいない、何もいない、こんなに鳥のいない山も珍しい
170930ogose2.jpg
それならばと足元に秋の草花を探す、これも何もない、あったのはシカの足跡だけ
これは久々の大空振りだ、こういう日もある
かつてインドのアグラで早朝探鳥を敢行するも、濃霧と野犬に阻まれ記録種0という歴史的敗北を喫した
あの時に比べれば景色が見られただけでもいいかな

早々に撤退して高坂に買い物に行くためカーナビまかせで走っていると、いつも行く物見山の脇を通った
せっかくだからちょっと寄ってみる、駐車場で老夫婦が双眼鏡で空を見ている
ハチクマ、ハチクマと騒いでいるのが聞こえた、飛び降りて指さす方角を見てみると
170930monomi.jpg
飛んでいたのはオオタカの幼鳥だった
買い物と昼食を済ませて帰宅、山登りで疲れたので昼寝を爆睡、3時ころから小畔川を見にいった
こういう日はどこに行ってもダメだ、ここも何もいない
170930koaze1.jpg
写真も撮るものがない、ヒメアカタテハがたくさんいるので撮影してみる、秋になると目立つ蝶だ
南極以外の全ての大陸に分布するという事で有名な種だけど、日本以外では見た事がないなあ
170930koaze2.jpg
小畔川のキジの子供達もこの季節になると♂♀がはっきりしてくる
170930koaze3.jpg
アマチュア無線のアンテナに設置された鳥よけのフクロウ
これを遠くから初めて見た時には籠脱けの外来種のフクロウがいる!と驚いた事を思い出す

好天に恵まれた秋の一日、期待とは裏腹に渡りの鳥たちとは出会えなかった
先週のチュウサギを捕えたオオタカとの出会いで鳥運を使い尽くしてしまったようだ
170903gull.jpg
今回のおまけ、我が家のガル君
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR