FC2ブログ

新しい武器を入手

2017年も師走を迎えた、最近時の過ぎるのが早い
やりたい事が出来ない内に人生の残り時間が無くなってしまうのではないかと不安を感じるようになった
171203jitaku.jpg
今年は庭の皇帝ダリアがよく咲いた、高さ4MTにもなった、2017年12月3日川越の自宅

以前から感じていた問題点を一点づつ解決して行こうと思った
まず、徒歩で出かけたり、遠距離旅行で邪魔になる三脚、これを何とかしたい

車で鳥見の場合は大型のスコープを普通の三脚とセットで使用すればよいのだけど
旅行(特に海外)などではできる限り装備を小さく軽くしたい
その際にネックになるのが三脚なのだ
そこで、小型スコープ用にベルボンのトラベル三脚を購入した
171203kyaku1.jpg
新しい三脚と小型スコープ、双眼鏡と並べてみた、小さい!スコープとほぼ同じ長さだ
171203kyaku2.jpg
脚部を伸ばしてエレベーターを上げたところ
伸ばせば身長170cmの僕が体を屈めないで使用できる
嬉しい事に三脚、スコープ、双眼鏡、カメラ、この全部がデイパックの中にすっぽり納まってしまう

気になるのは脚部が細いので風に弱そうな事と慣れない自由雲台の操作性、全体の耐久性など
でも荷物になるからとスコープ持参を諦める事はぐっと減りそうだ、山登りでもOKだ

171209zukan.jpg
フィールド図鑑日本の野鳥
もう一つの新しい武器が最近発売になったこの図鑑
久しぶりに出た日本の鳥のフィールドガイド
出版されるのを心待ちにしていた、絵もきれいでようやく欧米のフィールドガイドに追いついた感じがした
171209zukan2.jpg
タカの飛翔図も沢山載っていて使いやすそうだ
解説は叶内拓哉さん、割とあっさり書かれている印象だ

校正ミスが多く、つまらない間違いが多いのが玉に傷
お約束の間違いチシマウミガラス、これもやってしまっているし
この辺は雑誌「バーダー」と同じで、どうも文一総合出版は作りが雑だ

叶内さんには若い頃、根室から車ではるばる帯広までツミの営巣を見に連れて行っていただいた思い出がある
近くでハイタカも営巣していて、両種の鳴き声の違いを生で教わった
当時のツミは警戒心が強く不用意に近づいてしまった我々を襲ってきた
図鑑を見て、帽子の上30cmをツミの爪がかすめて行った鮮烈な思い出がよみがえってきた
150404kawagoetumi.jpg
ツミ♂、2015年4月4日、川越の自宅付近





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR