2018年地元を歩く

2018年は渡良瀬で鳥見をスタートさせたのだけど、ちゃんと地元の鳥も見ている
1月4日と6日短時間ずつだけど、川越市西部と坂戸市川島町を回ってきた
180106koaze5.jpg
1月6日小畔川
霜が一面に降りた河原にキジ♂、さすがに金堀橋付近にいたキジファミリーは分散したようだ
180104koaze7.jpg
コゲラ、1月4日近所の小学校の桜並木にコゲラがいた
コゲラはたまに庭にも来るし、川越の住宅街でもよく見る、でも身近にキツツキがいる事はあまり知られていない
180106kawajima1.jpg
チョウゲンボウ、1月6日川島町
この冬はコチョウゲンボウを地元で見ていない、いるのはただのチョウゲンボウばかり
1月6日に坂戸の水田地帯でお会いした方が、そこで見ていて写真も撮影されていた
よく行く場所なのでいつか出てくれるだろう
180106kawajima2.jpg
タゲリ、1月6日川島町
堆肥の山の上にタゲリがいた
180106kawajima3.jpg
コハクチョウ、1月6日越辺川
川島町のコハクチョウ越冬地のコハクチョウは30羽以上に増えていた

1月4日は久しぶりに小畔川でクイナを見た、6日はホオアカの小群やクサシギ、ケリ、ミヤマガラスなど
大分役者がそろってきた、この冬も楽しめそうだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR