三峰神社参拝

1月20日、秩父の三峰神社に妻と二人で出かけた
ここを訪れるのは若い頃、東京都最高峰である雲取山へ登った帰りに立ち寄って以来
当時はまだ営業していたロープウエイに乗って下山した思い出がある
180120mitumine1.jpg
ここでは山犬(オオカミ)を信仰するので狛犬もオオカミになっている、阿形像
180120mitumine2.jpg
同じく吽形像、二匹合わせて阿吽の呼吸になっているのは他の神社と同じ
180120mitumine3.jpg
寒くて天気も良くないので人が少ない、落ち着いて参拝をする事ができた
帰路、あらかじめ目を付けておいた参道にある大島屋に入店
180120mitumine4.jpg
お目当ては当地名物のわらじかつ丼だ
180120mitumine5.jpg
わらじかつ丼
丼からはみ出すカツが2枚、見た目のインパクトは強烈
外見とは裏腹に意外に簡単に食べきってしまう
180120mitumine6.jpg
店から外を見るとベランダにエサ台があってヒマワリが給餌されていた
そこへ次々にヤマガラがやってきた、ポケットのコンデジでガラス越しに撮ってみる
180120mitumine7.jpg
たまにコガラもやってきていた
180120mitumine8.jpg
昼食後、駐車場近くにビジターセンターがあったので立ち寄ってみる
哺乳動物のはく製が沢山、この絵のほかにニホングマ、オコジョ、テン、アナグマ、ムササビなんかもあった
はく製を見ていてふと思う、あれ、この動物達は全て野生の個体を見た事があるなあ
長年鳥を追って日本各地を旅した副産物としてずいぶん哺乳動物とも出会ってきたものだ
180120mitumine9.jpg
ウソの小群がいた
野鳥は少なかった、まあ今回は鳥見目的でないので良いのだけれど

気になったのはビジターセンターの周辺にたくさんヤドリギがあった事だ
ヤドリギがあると奴等が来るのではと期待してしまう

ここは古来山岳信仰の場所、それはやがて修験道となる、修験道となると主役は山伏だ
日本人が思い浮かべる山伏の装束の代表は、歌舞伎での勧進帳の弁慶の姿だろう
あの弁慶が背負っている背負子の箱みたいな物の名前が連雀なのだ

昔の旅商人はこの連雀を背負って旅をして商った、各地に連雀の地名が残るのはそのためだ
僕の幼少時、近所に三鷹市下連雀という所があってずっと気になっていた
現在の地元川越にもずばり連雀町がある

ヤドリギを見た事でいろいろ思い巡らしてしまったけど、つまりはレンジャクに来てほしいわけ
キレンジャク、ヒレンジャク、何年も見ていないなあ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR