落ちたチョウゲンボウ

僕は埼玉県狭山市にある職場に勤務しているのだけれど
実は社屋にチョウゲンボウが毎年営巣している
冬のこの季節、春に子育て用の巣を獲得するためのオス同士の争いが例年見られる

今日2/1、職場で地面にうずくまっているチョウゲンボウ♂が保護された
昨日♂同士の争いの空中戦を見たばかりだ、恐らくはその敗者なのだろう
180201sayama.jpg
市の環境課の職員が来て獣医へと運んで行ったけどどうなることか
こんな身近な所でも生存競争は間違いなく存在している
それは野生生物だけではない、人間も生物である以上その枠組みから逃れる事はできないのだ

職場で仕事中カメラを持ち込んで撮影する事は出来ないので、2015年の休日に撮影した画像
150111sayama.jpg
2015年1月11日4狭山市
二羽のオスが飛翔能力比べ(人の目にはそう見える)をしている
直接攻撃しあう事はしない
こんな状況の中、避けきれず何か障害物に激突したのかなあ
思わぬ連絡を受けて遭遇した現実、野生に生きる厳しさを唐突に突きつけられた日となった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR