FC2ブログ

やっと現れたコチョウゲンボウ

2月の第一週の週末はいろいろ用があって鳥見に時間を割くことが出来ない
こま切れの時間で近場を見るだけだ
2月3日、朝2時間午後1時間ほど近所をぶらついた
180203koaze1.jpg
小畔川の土手に出ると何だかばかに見晴が良い、河川敷にあった樹木が無くなっていた
180203koaze2.jpg
少し下流に歩くと重機も入って河川敷の木を伐採していた
河原の木が成長すると増水した際にその木自体やそれに引っかかった流木などが原因で水位があがってしまう
小畔川は過去何度も大雨で氾濫して水害を出してきた
河川管理上必要な作業なのだろう
そうと分かっていても、それぞれの樹木には鳥に関する思い出がある、一抹の寂しさを感じた
180203koaze3.jpg
オオジュリン
先週の大雪以降小鳥が増えた印象がある、降雪が根雪となった地方から移動してきたのかな
この日もホオジロ類5種観察をコンプリート、最近好調だ
180203koaze5.jpg
オオタカ
発見が遅くて後追いになってしまった失敗写真、まあ記録だからいいか
180203koaze4.jpg
ウグイス
180203koaze6.jpg
クイナ
いつもは声しか聴けないクイナが姿を現してくれた
180203koaze7.jpg
カワセミ♂
午後買い物ついでに少し上流にある小畔水鳥の郷公園に立ち寄る
以前トモエガモやアメリカヒドリなどが来たことのある場所だけど鳥が少ない
手持ち無沙汰なのでカワセミを撮影してみる
180203koaze8.jpg
オオバンのでかい足

記録をつけて見ると結構種類数が出ていた
特筆すべきはコチョウゲンボウ、この冬は地元に出現しないのか?心配していた、遠かったけどやっと出てくれた
2月3日川越市小畔川
キジ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、
クイナ、バン、オオバン、タゲリ、タシギ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、アオゲラ、コチョウゲンボウ、モズ、
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、
ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、ホオアカ、
カシラダカ、アオジ、オオジュリン、以上45種、番外ドバト、ガビチョウ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR