ネパール旅行9

ワシ柱の主役はハゲワシだ、とにかく馬鹿でかい、オオワシより大きな鳥が集団で飛ぶのだから凄い迫力だ
多いのがシロエリハゲワシGriffon Vultureだ、でもこの種はネパールの図鑑には
Probably mainly a passage migrant.but a rare winter visiter in small numbers.
と記されている、でも実際のポカラ周辺には一番多い、海外に行くとこういう事はよくあるものだ
180209grifon1.jpg
シロエリハゲワシ幼鳥、2月9日ポカラ近郊
180209grifon2.jpg
シロエリハゲワシ幼鳥(真横から)
大型のハゲワシ類はほとんどが幼鳥
シロエリハゲワシとヒマラヤハゲワシの幼鳥同士はとてもよく似ている
あまり好きな鳥でないので、ああ2種いるな位の感じで、ちゃんと見ていないし、写真もあまり撮らない
180209himarayan1.jpg
ヒマラヤハゲワシHimarayan vulture幼鳥(多分)
今から思えば成鳥の典型的な個体の写真を撮影しておけば良かったのだけど、後の祭り
でもワシ柱の中に1個体だけベンガルハゲワシWhite-rumped Vultureが混じっているのは見逃さなかった
180208grifon1.jpg
木にとまるシロエリハゲワシ幼鳥
180209egyptan1.jpg
エジプトハゲワシ成鳥Egyptian Vulture
ワシ柱とは別の場所に少数現れたのがこの鳥、他のハゲワシ類よりずっと小さくトビくらいしかない
かつてデリーの街の上を飛ぶトビの大群の中に1羽を見つけて大喜びをしたこの鳥もここには普通にいる
最近では内田裕也そっくりの鳥という、つまらぬ事で有名になってしまったけど
180209egyptan2.jpg
本来この鳥が有名だったのは道具を使う鳥という事でだった
アフリカで石を咥えて来てダチョウの卵に叩きつけ、割って中身を食べる行動が観察されたからだ
道具を使う鳥には他にはガラパゴス諸島のキツツキフィンチとニューカレドニア島のカレドニアガラスなどが知られている

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR