FC2ブログ

ネパール旅行12

2月10日は朝食後すぐポカラ空港に向かった
180210pokhara15.jpg
搭乗前に振り返る、翼越しに見えるマチャプチャレやアンナプルナ連峰ともお別れ
再びヒマラヤの峰々を見ながらカトマンズに戻った、この日は息子の希望で市内観光
180210kathmandu1.jpg
ネパール最大のヒンドゥー寺院パシュパティナートの門
これより内側には異教徒は入る事が出来ない
ちらっと見えるのがシヴァの乗り物である牝牛のナンディのお尻
ガイドのディリーに何で入れないのか?と聞くと、あなた牛食べた事あるでしょとの答え、なるほど
180210kathmandu2.jpg
この日は何かイベントをやっていて楽隊を先頭に女性信者が行進をしていた
180210kathmandu3.jpg
バグマティ川の両側にはガートと呼ばれる台が並んでいる
ここでヒンドゥーの人々は火葬をするのだ、この川はガンジスの支流で聖なる川とみなされている
この日も幾つもの火葬が行われていて、その煙や臭いが立ち込めていた
1~2時間で焼けてしまい、灰は川に流される、彼らには墓という物が無い
180210kathmandu4.jpg
対岸の高台から見てみる、今回の旅で一番のカルチャーショックを受けた場所となった
180210kathmandu10.jpg
ドバトが沢山いるのは日本の寺院と同じ
でもよく見ると8割近くが灰二引、日本では全く逆で二引の羽色は少数だ
ここから30分ほど歩いて、こんどはチベット仏教の聖地ボダナートへと向かう
180210kathmandu7.jpg
ボダナートの賑わい
大きなストゥーパ(仏塔)を中心に同心円状に店がならんでいる、五体投地して拝む巡礼者の姿も見える
ヒンドゥーの寺院とは違って日本人にも馴染みやすい雰囲気がある
180210kathmandu8.jpg
中心にある大きなストゥーパ(仏塔)
これが日本の寺院にある五重塔の原型だ、個人のお墓に立てる木の卒塔婆の語源でもある
一応仏教徒である僕たちは当然これを拝む、何故か自然と手を合わせてしまう、不思議なものだ
180210kathmandu6.jpg
この日の昼食ももちろんダルバート、食べ方も慣れてきた
180210kathmandu9.jpg
現地でタクシーを拾ってホテルまで戻った
何代か前のスズキアルトベースの車、インドと同じで極端にスズキ車のシェアが高い
それにしても古い、ポンコツなどという表現はとっくに通り越している、日本ではとても公道を走れる代物ではない


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR