小畔川付近は春爛漫

先週末は天気が悪かった、満を持して4/21土曜日地元川越をまわってきた、最後に伊佐沼も
4月21日(土)川越市西部
キジ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、
コチドリ、クサシギ、コアジサシ、トビ、ツミ、オオタカ、コゲラ、カワセミ、チョウゲンボウ、ヒヨドリ、モズ、オナガ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、
セッカ、シロハラ、ツグミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ、以上43種
番外ガビチョウ
コアジサシとセンダイムシクイは今年自身初認
180421koaze1.jpg
雑木林にはツミ♀
180421koaze2.jpg
ちょっと近づいてきた
180421koaze3.jpg
続いて♂
180421koaze4.jpg
巣材を採って行った
180421koaze5.jpg
水を引き始めた水田にはコチドリの姿が見られた
180421koaze6.jpg
ニゴイ
小畔川も水温が上がってきたのだろう、寒い間は深場にいたニゴイたちが浅瀬で争っていた
50センチクラスのニゴイの上顎には盛大に追星が出ている、鳥に例えれば夏羽真っ盛りといったところ
180421koaze7.jpg
2月に河川敷の樹木は皆伐されたのだけど、その切り株からは新芽がすごい勢いで出てきていた
180421koaze8.jpg
河川敷にはヤグルマギクが沢山咲いている
とても美しい、しかし外来種がはびこるのは困ったものだ
180421koaze10.jpg
ジャコウアゲハ♀
ジャコウアゲハの♀を河原で見かけた、今年初めて見た、と思う間もなく近くに来て産卵を始めたのだった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR