FC2ブログ

渡良瀬でオオセッカに再挑戦

5月20日は朝からよい天気、GWに利根川でのオオセッカが遠くてよく見えなかったリベンジに渡良瀬にやってきた
ここはオオセッカの個体数は少ないけど、家からは近い生息地、地の利もあるのでプラスαも期待できる
180520watarese1.jpg
現地に着くと早速囀りが聞こえる、葦にとまるオオセッカを発見、あれ、ここの方が遠いじゃないか
180520watarase2.jpg
囀り飛翔する時しか近くに現れない、近くに降りても一瞬で草に潜ってしまう
180520watarase3.jpg
渡良瀬名物の強風で葦は常に大揺れ、この程度が限界だ、結果利根川の方がむしろ観察条件が良かった
撮影もままならないので、囀り飛翔を撮ってみる、僕の安物カメラではAFが追従できないのでMFでのトライとなる
180520watarase4.jpg
180520watarase5.jpg
180520watarase6.jpg
ほぼスズメ大の小鳥が数秒間だけ飛んでいる所をマニュアルフォーカスで撮るのだからこれは難しい
動体視力の限界に挑んだ結果、辛うじてオオセッカとわかる飛翔写真が撮れた
この日観察した鳥(5/20渡良瀬遊水地とその周辺7:30~12:00)
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カッコウ、
トビ、フクロウ、アオバズク、カワセミ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウウカラ、ヒバリ、
ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、カオジロガビチョウ、オオセッカ、オオヨシキリ、コヨシキリ、セッカ、スズメ、
ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、以上33種
カオジロガビチョウは日本で初めて見た、声だけ聞いた時、ばかに声量のあるスズメだなあと思った
帰路遊水地すぐ近くの神社に立ち寄った、フクロウ2種の記録はそのため
180520watarase7.jpg
ここは双眼鏡と標準ズームのカメラのみの軽装で軽く通過しただけ、なので画質はそれなり
観察条件は悪かったけど、フクロウは捕えたカラスの肉を引き裂いてヒナに与える凄惨なシーンを見る事が出来た
フクロウ目当てに見物人やカメラマンが多い、車のナンバーを見ると隣県以外からも来ている
腹も減ったので、昼前には退却した
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR