5月26日は地元をご案内

5月26日はS先輩を川越にお招きして、ツミとオオタカの営巣状況の観察をしてきた
集合前、まずは朝の散歩でキジ♂が飛んだので撮影
180526koaze1.jpg
残念ながら飛び去る所を後ろからになってしまった
180526koaze9.jpg
次列風切が短い、三列は申し訳程度しかない、重い体をこの翼面積でよく飛べるものだ
大きく広げた尾羽が補っているのだろう
S先輩は遠い鎌倉在住、でも最近は横浜から川越まで直通列車が走るようになり便利になった、まずはオオタカを見に行く
180526koaze2.jpg
オオタカの住む林に到着すると、いきなりカラスとの空中戦が勃発
あれ、林の上10MTで争っているのはオオタカでなくチョウゲンボウだ
最初、随分翼端の尖ったオオタカだなあと大誤認、ここに居るのはオオタカだと決めてかかっていたからだ
先入観を持つことはやめようと二人で反省
180526koaze3.jpg
カラスに追われ一瞬の背面飛行
180526koaze4.jpg
ほどなくオオタカも飛んでくれた
180526koaze5.jpg
美しい成鳥、オオタカ成鳥は風切部分にほとんど鷹斑が出ない
ここの林は小鳥でも収穫があった、キビタキ、サンコウチョウ、オオムシクイの囀りだ
キビタキ、サンコウチョウは繁殖の可能性があるので要継続観察、オオムシクイはこの時期限定の通過個体
180526koaze6.jpg
続いてツミのいる林に移動、♀がその姿を見せてくれた、予定通りタカ2種が出てくれて胸をなでおろした
昼食後、伊佐沼へ向かう
180526koaze7.jpg
これといった鳥が何もいない、飛び交うコアジサシで飛翔する鳥の撮影の練習をしてみる
180526koaze8.jpg
いつものように沼脇の農協直売所で野菜を買って帰路についた
この日確認した鳥(5/26川越市、坂戸市、川島町)
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コアジサシ、ツミ、オオタカ、カワセミ、
コゲラ、チョウゲンボウ、サンコウチョウ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、
ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオムシクイ、メジロ、ガビチョウ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、
キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、以上35種
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR