社屋のチョウゲンボウの巣立ち

以前このブログに書いた僕の会社の社屋に営巣しているチョウゲンボウが巣立ちをむかえた
6/9(土)に様子を見に行くと、ヒナの内1羽は既に巣立っていた
086.jpg
相変わらず若いお父さんは大忙し
106.jpg
ハシブトガラスを追い払って戻ってきた

このブログをいつも見ていただいている方々はすでにお気づきだと思うのだけど
これは野鳥の写真ブログではないので、一回の中で同じ個体の画像をたくさん載せる事はしない
でも今回ばかりは他の画像がない
109.jpg
チョウゲンボウも低速で帆翔している時には翼端が尖って見えない
今年の巣立ちは例年より1~2週間早かった
125.jpg
休憩中、この季節気温が高くなると羽毛を体に密着させ翼を体から離してて体温を逃がす
129.jpg
残っていた巣立ち直前のヒナ、社員の特権で真下から見ると肉眼でも姿が見える
今年のヒナは2羽のようだ、♂親が若いためだろうか
(場所が特定されないように、画像は下手くそだけど加工済)
168.jpg
2月の巣をめぐっての♂同士の争いから4か月、大役をほぼ終えたチョウゲンボウ
きっと来年も戻って来てここで子育てをしてくれる事だろう


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR