FC2ブログ

晴鷹雨読

うっとうしい季節がやってきた、梅雨の雨の日には鳥を見に行く事ができない
そんな日には鳥の本で知識を増やすのも悪くない

ブログで紹介しようと書棚から何冊か鷹の本を持ってきた
book1.jpg
まずは一般的なものから
ハンディタイプの写真図鑑、ちょっと調べものをするのに丁度よい
写真図鑑に共通して言える事だけど、一番見たい部分が不鮮明だったり、一般的な個体でなかったりする難点がある
book2.jpg
バーダーの別冊で時々この手のものが出る
文一のバーダー系のものは内容に時々間違いがあるので注意が必要だけど見ていて楽しい
book3.jpg
種レベルまで細かく見ようとするならこれ
よくこれだけ資料や画像を集めたと感心してしまう
book4.jpg
そして究極の図鑑がこの一冊と言う事になる、大きな分厚い大図鑑
book5.jpg
ちょっと内容を見てみると、ものすごく細かい記載…
僕は必要な部分以外はとても読む気がしない、この本を全部読破した人がいるのだろうか?

この大著を書いた人がいるのが信じがたいボリュームだ
メインの著者である森岡照明さんは僕の大学の学部の先輩、なまくらバーダーの僕とは大変な違いだ
book6.jpg
視点を欧米に移すと、だいぶ古い本なのだけど、僕が海外のワシタカに興味を持つきっかけとなった本
大きくて場所をとるし記載や写真も古い、種や学名が変ってしまったものもある、でも捨てられない
book7.jpg
これが現在一番頼りにしているフィールドガイド
やはり写真図鑑は補助的にしか使えない、特定の場所、特定の季節、特定の撮影条件、特定の個体の画像だから
book8.jpg
中身はこうなっている、世界中の鷹隼類がシンプルに網羅されていてとても使い勝手がよい

日本で記録のある鷹隼で僕が見た事がないのが、ウスハイイロチュウヒ、ヒメチョウゲンボウ、シロハヤブサの3種
前2種は日本での記録は僅かだけど世界的には普通種なので時間の問題で見られると思う
シロハヤブサは前2種とはけた違いに日本での記録は多い、でもこれが僕にとっては一番難敵なのだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR