FC2ブログ

クアラルンプール近郊の野鳥3

熱帯雨林地域に行くと、全身黒あるいは黒を基調としたモノトーンの鳥が多い
180708oohakka.jpg
オオハッカ、レイクガーデンで
東南アジアではインドハッカと並んでどこに行ってもいる普通種
180708midori.jpg
ミドリカラスモドキ、レイクガーデンで
これは成鳥、幼鳥は地味な縦縞模様をしている、これも東南アジアどこにでもいる普通種
180707magpierobin.jpg
シキチョウ、フレイザーズヒルで
これも東南アジアでは普通種中の普通種、ジーと機械音のような声をよく出す
英名はMAGPIE ROBIN 直訳すればカササギコマドリとなる、確かに色はカササギ、姿勢は小型ツグミそのもの
180708kuina.jpg
シロハラクイナ、レイクガーデンで
今回出会った鳥の中で、唯一の水鳥、でも水辺ではなく草原にいた
180707ryukyu.jpg
リュウキュウツバメ、フレイザーズヒルで
今回の旅行は夏だったので、普通のツバメには出会えなかった、彼らは今日本などに来ているから
180707sumigoromo.jpg
ヒムネスミゴロモ、フレイザーズヒルで
これはちょっと見るのにハードルが高い鳥で、マレー半島では高地にしかいない
コウライウグイスの仲間で♂は胸から腹にかけて赤い、これは♀なのでほぼ全身真っ黒
180707ougi.jpg
ノドジロオウギビタキ、フレイザーズヒルで
オウギビタキの仲間は英名をFANTAILといって(和名はそのまんま和訳したのかな?)大きな尾を広げる鳥
僕が鳥を見始めた頃はヒタキ科の鳥だった、現在の分類ではオウギビタキ科はむしろカラスに近縁とされる

この類もオーストラリアまで分布していて、オーストラリアにいるヨコフリオウギビタキは尾を左右に振る面白い鳥だ
ヨコフリオウギビタキは英名もFANTAILでなく、何故かWAGTAIL(セキレイ)になっている
180707utai1.jpg
オナガウタイチメドリ、フレイザーズヒルで
チメドリの仲間では尾が長くて丁度日本のオナガくらいの大きさ、シャイな鳥であまり目立つ場所に出てこない
180707utai2.jpg
ジュリアウ滝まで往復した後、クロックタワー近くで休んでいたら、目の前に出てきてくれた
でも、とまったのは英国風庭園のコニファー、これでは熱帯の雰囲気が皆無だ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR