FC2ブログ

クアラルンプール近郊の野鳥5

東南アジアに出かける楽しみの一つに、色鮮やかなタイヨウチョウ達との出会いがある
今回は期待したほど出現せず、その点はちょっと物足りなかった
180707munaguro24.jpg
ムナグロタイヨウチョウ♂、フレイザーズヒルで
180707munaguro1.jpg
タイヨウチョウ類は花の蜜や小昆虫を食べるとても小さな鳥で、ちょうど新大陸のハチドリに相当するニッチに存在する
最近このニッチという言葉は生物の生態よりも、経済の特にマーケティング関係で聞く事が多いなあ、ニッチ商品とか

タイヨウチョウは色鮮やかなのは♂だけで、♀はどの種も似たような地味な羽色をしている
面白い事に、カモ類と同じようにエクリプスがあって、その期間は♂も♀のような地味な色になってしまう

エクリプスの元の意味は日蝕や月蝕の蝕の事で、生殖羽以外の地味な時期を指すものだろう
昔、三菱自動車にエクリプスというスポーティカーがあった、名前通りかほとんど公道で見る事が無かったなあ

タイヨウチョウは英語でSunbird、 直訳だ、カレーで有名なSB食品のSBはこのsunbirdの略だと僕は思っていた
調べたら確かに文字的にはその通りなのだけど、タイヨウチョウでは無くて漠然と太陽と鳥を指すようなのだ
180708olive.jpg
キバラタイヨウチョウ♂、アンパンで
何か国でこの鳥を見た事だろう、とにかく分布の広い鳥で東南アジア一帯からオーストラリアまで
どこに行っても普通種なのだ、タイでは店の前の街路樹の人の手が届く所に巣を作っていて驚いた
180707spider1.jpg
タテジマクモカリドリ、フレイザーズヒルで
タイヨウチョウの中の変わり種がクモカリドリの仲間で、地味な替わりにチュウシャクシギのような長い嘴を持っている
180707spider2.jpg
でも、この嘴は野外では意外や目立たない、目立つのは黄色くて大きな脚なのだ
体も普通のタイヨウチョウよりずっと大きくてコムクドリくらいもある
180707spider3.jpg
正面から見ると何だか分からない、クモカリドリ類も色は地味でも、その特異な体型からファンが多い
180707spider4.jpg
ようやくその見事な嘴を見せてくれた


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR