FC2ブログ

いわき市海岸で水鳥を見る

8月18日はいわき市の海岸でミユビシギの群を見ようと立ち寄った
いた事はいたのだけど、想像した風景ではなかった
180817miyubi1.jpg
波打ち際を上手く濡れぬように歩くあなた
たった1羽だけ、群が波に合わせて砂浜を走る姿とは程遠い
180817miyubi2.jpg
30~40羽の群は居たのだけど、テトラポッドの上で休憩中だった
180817miyubi3.jpg
雨覆や肩羽の部分が冬羽に換羽中でモザイク状になっている
180817sorihasi1.jpg
他にはこのソリハシシギ2羽とトウネン、メダイチドリ各1羽とちょっと寂しいシギチ達
180817sorihasi2.jpg
ミユビシギの替わりに波打ち際を走ってくれたのはソリハシシギだった
180817umineko1.jpg
ウミネコの群が砂浜に降りていた
180817umineko2.jpg
一羽のウミネコ成鳥が飛んでいく、あれ?尾端の黒いバンドが無い
180817umineko3.jpg
降りている個体を見ると換羽中で尾羽がほとんどなくなっている、どうりで黒いバンドが無いわけだ
初列風切の内側部分だけが新羽になっているのが分かる
尾が真っ白では、一見大型カモメの成鳥と見間違えてしまいそう
180817oseguro.jpg
オオセグロカモメ
そこへ本当の大型カモメ、オオセグロカモメの成鳥が飛んできた、紛らわしい事この上ない
夏に本州でオオセグロはあまり見ない、見慣れない真っ白な頭部が新鮮だ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR