FC2ブログ

9月23日鐘撞堂山ハイキング

本題に入る前に、小畔川を歩くとほぼ必ず出会うキジ、9月は独り立ちしたばかりの若鳥が目立つ
180922phaesant.jpg
キジ、若♂9/22小畔川
20180924pheasant.jpg
同じく9/24小畔川
♂は成鳥羽への換羽が大分進んでいるけど、その程度は個体によって差がある

さて、9月23日は午前中、寄居の近くの鐘撞堂山へ娘と二人で出かけてきた
標高300mtちょっとの低い山で、秋の渡りの鳥でも見られればというハイキング
20180923kanetuki1.jpg
登り口付近にはヤマジノホトトギスが沢山咲いていた
軽いハイキング程度と思ったら、意外にも急登があった、奥武蔵にありがちな杉の造林が無いのがよい山だ
20180923kanetuki2.jpg
ヤマガラ、エゴノキの実をロックオン
山頂にはびっくりするほどの数のヤマガラがいた、逆にシジュウカラがほとんどいない
20180923kanetuki3.jpg
ヤマガラはエゴノキの実が大好物
20180923kanetuki4.jpg
ヤマガラは好きな鳥、きれいだし仕草が可愛らしい、日本では普通種だけど世界的に見れば極東の一部にしかいない
ちょうど蝶のオオムラサキと同じような分布の仕方なのだ
20180923kanetuki5.jpg
エナガ
紅葉には大分早いのだけど、すでに秋の気配が漂っている
残念ながら、鳥の種類はサッパリ出なかった、天気も良くなかったし、まあこんなもんか
20180923kanetuki6.jpg
エゾビタキ
そんな中、辛うじて秋の渡り鳥らしい種を観察、エゾビタキが遠くの樹上で盛んにフライキャッチをしていた
エゾビタキは関東では秋の限られた時期にしか見られないので、ああ今年も来たかと何だかホッとする

鐘撞堂山は初めて訪れた、自宅から1時間以内で来られるし、落葉広葉樹林の山なので期待できる
今後は季節季節にチェックしてみよう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR