FC2ブログ

秋のお彼岸3連休に近所で鷹隼5種と出会う

秋の彼岸の三連休、初日となった9月22日、風邪をひいてしまい、珍しく午前中は自宅でおとなしくしていた
午後から有楽町へ出かけた、開催中の下村兼史写真展を見るため、僕にとって大変有意義な催しだった

この写真展の事は後日記すとして、駅へ向かう途中で小畔川を渡る橋の上からミサゴを見つけた
東上線の鉄橋近くで空から魚を狙っている、双眼鏡なしでもはっきりミサゴと識別ができた
20180923koaze1.jpg
威嚇しながら飛ぶチョウゲンボウ
鐘撞堂山から帰った9/23の午後、昼寝した後小畔川に散歩に出た
先週カラスとチョウゲンボウが争っていた塔に差し掛かると、またまたチョウゲンボウが騒いでいる
20180923koaze2.jpg
オオタカ
またカラスがいるのかな?双眼鏡で見ると、そこには茶色い鳥がとまってるのが見えた、慌てて接近する
オオタカの今年生まれの若だ20180923koaze3.jpg
カラスに対するのとは威嚇の度合いが違う、どこからかもう一羽のチョウゲンボウも現れ、2羽で攻撃を始めた
騒ぎを聞きつけたのかハシブトガラス2羽もやってきた、三つ巴の争いに発展
20180923koaze4.jpg
ハシブトガラスはオオタカのすぐ近くまでやってきた、これが逆鱗に触れてしまったようだ
20180923koaze5.jpg
飛び立つオオタカ
飛び立ち、瞬間的に急旋回で一瞬の背面飛行を見せる、オオタカの卓越した飛行技術の片鱗が垣間見える
タカ好きにはたまらない瞬間、広げた欠損の無い12枚の尾羽の鷹斑の美しさ
20180923koaze6.jpg
そのまま追撃に移る、逃げるカラス
20180923koaze7.jpg
背後から別のカラスが迫る、カラスは大抵複数で鷹に嫌がらせをする
この争いに、当初の主役だったチョウゲンボウは何処かに行ってしまった

オオタカとハシブトガラス2羽は絡み合いながら去って行った、静かさを取り戻した小畔川を歩く
この日はこの後、遠かったけど飛翔するノスリと、送電線の鉄塔にとまるハヤブサを観察した

昨日のミサゴと合せて自宅からの徒歩圏で鷹隼5種を2日で観察、いよいよシーズン到来かな
普通の水辺なら、真っ先に出るトビが未記録なのが小畔川らしい所だ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR