FC2ブログ

9月22日下村兼史写真展

9月22日、午後から有楽町で開催されていた下村兼史写真展を見学してきた
下村兼史は僕が鳥を見始めた頃には、すでに伝説的な人物となっていて、詳しくは知らなかった
20180922simo1.jpg
今回の写真展は山科鳥類研究所の主催で、この企画は2年前から内々にS先輩からお聞きしていて楽しみにしていた
佐賀の大富豪の家に生まれた下村兼史、その生涯はすべて野鳥との関わりの中だった事を知った
20180922simo2.jpg
とても一般受けする内容ではないので、入場者は知れたものだろうと思ったら、次から次に人が入ってくる
会場係として現地にいらしたS先輩とゆっくり話す事もままならないという盛況ぶり
20180922simo3.jpg
これが日本で初めて撮影されたカワセミの写真
撮影場所は佐賀の自宅敷地内の池だった

カメラはガラス乾板だ、まだフィルムも使用されていないのだ!
焦点をあらかじめ合わせたカメラを近くにセットしておいて、遠くからシャッターレバーにつけた紐を引っ張る

今の感覚では何とも原始的な方法での撮影
信じがたい事にそのシャッター速度は、何と1/5秒だったそうだ、よく止ったものだ、当日は無風だったに違いない
20180922simo4.jpg
ルリカケス
ルリカケスの撮影に奄美大島を訪れた下村兼史、島での撮影枚数はたったの2枚だったという、その内の1枚がこれ
現在の何でもかんでも高速連写、1羽の鳥を1000コマ以上撮影したなどという世界とは異次元の話

僕は他人と横並びで鳥の撮影するという事を基本行わない、まあそれほど写真撮影に軸足を置いていないしね
たまに、そんなシチュエーションになると、ここシャッター切るタイミングでないでしょという場面で、
隣で機関銃ような連写音を聞かされると、実に興醒めでウンザリしてしまう

20180922simo5.jpg
人生の後半は映画撮影に没頭した下村兼史
「或日の干潟」は、日本映画史上に残る不滅の金字塔となった
20180922simo6.jpg
下村兼史が鹿児島県出水市荒崎で使用したブラインド
この中からツルやナベコウを撮影した、僕がこの地を初めて訪れる30年ほど前の事だ
20180922simo7.jpg
下村兼史と関わった人々の紹介のコーナーに松山資郎先生のお名前があった

僕が学生時代にアルバイト調査員として、出入りしていた山科鳥類研究所の研究室に、先生は嘱託で勤務されていた
当時、岩手の早池峰山に知人と登った僕は、ノゴマのヒナと♀親を見て驚いた、本州での繁殖は知られていなかった

そんな話をすると松山先生は
「早池峰山ですか、あそこに昔ライチョウがいるという話があって、農林省の技官時代に調査に行きました」
「昔はひどい僻地で、宿舎のトイレは小川に板2枚を差し渡しただけで、壁も何も有りませんでしたよ」
「結局ライチョウの情報は間違いでした」
早池峰に関していろいろなお話しをうかがった事を懐かしく思い出した
20180922simo8.jpg
20180922simo9.jpg
自然を尊重する心、それが途切れる瞬間が無いだろうか?自問自答をしてみる
野鳥を始め自然を撮影する人間は、常に胆に銘じなければならない事を改めて教えられた




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR