FC2ブログ

台風の合間に川越でシギチドリを探す

9月最終の週末は台風の襲来となった
その風雨の隙をついて、地元川越でシギを探しに伊佐沼周辺を探った
20180929isa1.jpg
イソシギ、9/29伊佐沼
伊佐沼に着くと、小雨の中をさっそくイソシギが飛んできた
20180930isa1.jpg
イソシギって、普段あまり干潟状の場所で見る事がない
20180930isa2.jpg
コチドリ、9/30伊佐沼
コチドリはたくさんいた、ほとんど幼鳥
20180930isa3.jpg
シロチドリとトウネン、9/30伊佐沼
鳥が遠い、荒天の場合に意外と近くに寄る事があるのだけど、この両日ははずれ
20180930isa4.jpg
ムナグロ、9/30伊佐沼
2羽のムナグロが飛来して周囲を飛び回る、結局着陸する事なく飛び去っていった
20180930isa5.jpg
フルエクリプスのコガモの群の後ろには、ちょっと体の大きいシギの群が見える
20180930isa6.jpg
ツルシギ、アオアシシギ、セイタカシギ、9/30伊佐沼
やっとシギらしいシギを見た感じ、ツルシギはたまに越冬個体もいるけど、関東では春の鳥のイメージが強い
20180929isa2.jpg
一羽のセイタカシギが近くにやってきた
この鳥はこのくらいの数で居るのが丁度良いなあ、沖縄や東南アジアのように百羽以上もいると有難みが無くなってしまう
201980930furuya1.jpg
タシギ、9/30南古谷
伊佐沼の後、南古谷の水田地帯に立ち寄った、川越でも我が家から最も遠いエリアで普段あまり行かない場所
本当にタシギなの?と問われたら、飛んだ所を見ていないので自信がないな、嘴も短い気がするし
20180930furuya2.jpg
カワセミ、9/30南古谷
用水路の護岸にカワセミの幼鳥がいた
台風の雨のやんでいる間の短時間の鳥見、正味両日合わせても1時間半ほどしか割けなかった
そんな中で地元でのシギチドリ9種観察はまずまず、出来る事なら青空の下で見たかった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR