FC2ブログ

10月6日、セイタカシギの食事と渡りの鳥など

10月6日は久しぶりに土曜日に雨が降っていない、朝伊佐沼に立ち寄った
シギチドリの数は減っていた、セイタカシギを観察してみる
20181006isa1.jpg
何か獲物を見つけたようだ
20181006isa2.jpg
頭を水中に突っ込む
20181006isa3.jpg
何かを捕えたようだ
20181006isa4.jpg
エビのようなものを咥えている、セイタカシギは普通あまり大きい物を捕えないので珍しい
20181006isa5.jpg
獲物はテナガエビの♂だった、これ唐揚げにするとビールのつまみに最高なヤツ、いいもの食べているなあ
20181006yosimi.jpg
伊佐沼は一瞬だけいて、吉見、川島方面にむかう
ヒメアカタテハが多い、この辺では秋を象徴する蝶、五大陸すべてに生息するというハヤブサに並ぶ分布の広さの種
20181006kawajima1.jpg
チョウゲンボウがいつもの所にとまっていた、若い♂のようだ
20181006kawajima2.jpg
川島町には秋の常連ノビタキがいた
20181006kawajima3.jpg
見上げた空には渡って行くカケスの姿、これも秋の定番だ
20181006koaze1.jpg
小畔川の戻ってくると、久しぶりにコサギがいた、昔ならレンズを向ける事など無かったのだけど…
台風来襲の無かった土曜日、特別珍しい鳥もいなかったけど、地元で秋の一日を楽しむ事ができた
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR