FC2ブログ

11月4日の小畔川、いよいよシーズン到来かな

11/3は一日我孫子のバードフェスティバルなど千葉方面に行っていたので、4日朝から小畔川を歩いた
各地から続々冬鳥のニュースが届いている、朝7時半から3時間、自宅近くを少し真面目に探鳥してみた

11/4、川越市西部小畔川流域の記録
キジ、ウズラ、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、
ダイサギ、コサギ、ジシギSP、イソシギ、ミサゴ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、
モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、
キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、以上40種
20181104buteo1.jpg
分かりやすい場所にとまるノスリ
川の土手を歩きはじめると空からキッキッキッとチョウゲンボウの声
またカラスと争っているのかと見上げると、追いかけていたのはオオタカ成鳥だった、2羽は一瞬で通過していった
20181104buteo2.jpg
このノスリが近くに飛んで降りた、スズメガ(エビガラスズメかな)の幼虫を捕えている
思えばノスリはあまり昆虫を捕える場面を見る事がないなあ
20181104buteo3.jpg
ありふれたノスリといえども、鷹は鷹、アップでみると実に精悍だ,♀の今年生まれか
20181104buteo4.jpg
ハシブトガラスの嫌がらせが始まった、負けずに威嚇する
20181104buteo5.jpg
一時休戦、ずっと見ていたいけど時間の制約があるので引き上げる
20181104pregrin.jpg
見上げた空高くにハヤブサ幼鳥が通過して行った、実に証拠写真レベル、まあハヤブサもいたという事で…
帰路刈り取り後の水田でウズラの声、川越市内で初めて聞いた、こんな季節に鳴くのか?もしかしてカゴヌケ
20181104kestrel.jpg
一週間前ケラを獲っていたチョウゲンボウが同じ場所にいた
20181104kingfiser.jpg
用水路の護岸上にカワセミ♂幼鳥
後ろの地面にホトケノザが咲いている、それがボケてパステル調の絵になった、まるで春に撮影したよう
20181104osprey1.jpg
今度は上流方面からミサゴが飛んできた
20181104osprey2.jpg
近くにやってきて旋回、すごい逆光の中こちらを睨まれた
自宅近くまで戻ってくると、河原の湿地状になった場所にタシギ?を発見
20181104snipe1.jpg
あれれ、やけに風切の先端が長いし、嘴も短いぞ、タシギでなさそう、一番苦手なジシギの識別か
11月になってもタシギ以外のジシギがいるのかなあ
20181104snipe2.jpg
すぐ葦原に入ってしまった、結局分からない、消去法でチュウジシギか、でも全く自信がない
今回アオジやカシラダカ、シメなどの今冬初認を見て、近所の散歩で40種出た、いよいよシーズンの到来を感じた
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR