FC2ブログ

2019年は渡良瀬で開幕

明けましておめでとうございます

1月3日、2019最初の鳥見、どこへ行こうか?迷ったすえ結局渡良瀬遊水地に向かった
山野の鳥も見たいので、みかも山からスタートする事にした
するとアオゲラ、アカゲラが連続で登場、幸先良いスタート
20190103mikamo1.jpg
アカゲラ♂
20190103mikamo2.jpg
ビンズイ
ビンズイやシロハラなどいつものメンバーが出迎えてくれた
20190103mikamo3.jpg
ルリビタキ
初列、次列風切が青くなっている若い♂
ルリビタキは数個体を見かけたけどジョウビタキはいなかった
藪の奥だったけど、嬉しい事にトラツグミの姿も見ることができた
20190103mikamo4.jpg
ヤマガラ、何か大きな物を咥えている
ヤマガラ、エナガがシジュウカラと混群になっているのもいつも通り
20190103mikamo6.jpg
カケス
森の端でカケスの小群が騒いでいた、近くにとまっているノスリに対してモビングをしていたのだ
カケスって写真の撮りにくい鳥で、中々まともな画像を得られない、今回も大甘だけど撮影出来ただけで嬉しい
20190103mikamo5.jpg
見返りモズ
モズはカケスと逆に写真の撮りやすい鳥、だから居ても普段あまりカメラを向けないのだけど
この彼は撮ってくれと振り向いたような気がした
2時間ほどをみかも山で費やした後、ここから30分ほどの渡良瀬遊水地へと向かった
20190103watarase1.jpg
チュウヒ
渡良瀬に着くころから、冬の北関東名物、からっ風が吹きだした、ここで強風に遭うと全く鳥が出なくなる
20190103itakura.jpg
ニュウナイスズメ
いつもの場所にニュウナイスズメの群がいた
20190103watarase2.jpg
仲良く餌をとるホオジロとカシラダカ
渡良瀬はカモ類とタカが極端に少ない、ハヤブサ科が未記録という惨敗を喫してしまった
20190103watarase3.jpg
カワセミ
木陰のうす暗い所にある、船をもやう竹杭にカワセミ♀がとまっていた
彼女の存在は、モノトーンの世界にそこだけ彩色が施されたように見えた

あまりの鳥の少なさに多々良沼へと移動する事にした
20190103tatara1.jpg
エナガ
多々良沼に着くと駐車場脇の樹上にエナガの群が来ていた
エナガのお尻のモフモフ感がたまらない、毛玉に尻尾を付けたようだ
20190103tatara2.jpg
オオハクチョウ
ここも鳥が少ない、それでもマガン、ミコアイサ、カワアイサなどを見られてよかった
ハクチョウは我が家の近くにはコハクチョウしかいないので、オオハクチョウを見ると嬉しくなってしまう

この大場所で一日の記録種数が60種と、見落としの多いやや物足りない2019年のスタートとなった
まあこの強風では仕方ない、自然が相手なのだから
健康で2019年の鳥初めが出来た事に感謝





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR