ツミが来ない

前回の頭掻きで紹介したツミ
そのツミの姿をこの春はまだ見ていない

ツミは変なタカで、一般に夏鳥とされているし図鑑にもそう書いてある、でも冬にも居る
僕の自宅の近所では早い年は3月中旬、遅くても4月上旬には現れる

毎年その特徴のある声を聞くのは楽しみなものだ、この声は春以外の季節にはあまり出さないから
大抵はその声で存在を知る事になる、
これが南から渡って来たのか、近所でひっそりと冬を過ごしていた個体なのかは分からない

161230kawagoe.jpg
ツミ(幼鳥)2016年12月30日川越市内

150404kawagoe1.jpg
ツミ(♀)2015年4月4日川越市内

150404kawagoe2.jpg
ツミ(♂)2015年4月4日川越市内

川越に暮らして25年、こういう年も過去にはあった、もう少し待ってみよう

130514kawagoe.jpg
飛翔するツミ♂2013年5月14日川越市内

よく似たハイタカがユーラシア大陸北部に広く分布するのに対して、ツミはほぼ極東特産種だ
大切に見守りたい
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR