繁殖期真っ最中

6月18日はおとなしく家にいた、朝と夕方少し近所を見て回った
6、7月は一年の中でも一番意外性のない月で、ほとんど定番の野鳥しか見る事がない

最近朝の川原や公園で大音量でAMラジオを聴きながら歩いている老人に時々出会う
ただ歩くだけでは退屈という事なのだろうけど、鳥を見ているとかなり迷惑な存在だ
あまり性能の良くないラジオを音量を上げているので、音が割れぎみでとても耳障りなのだ
観察中の鳥を飛ばされてしまった事も何度かある
とかく若者のマナーが悪いと指摘されるけど、彼らの方がよほど良い、皆イヤホンで聴いているのだから

170618koaze1.jpg
走るキジ2017年6月18日小畔川

オオヨシキリ、セッカ、ホオジロなどが盛んに囀り、キジもあちこちから声が聞こえてくる
チョウゲンボウの若いオスは何処かへ行ってしまったようだ

170618koaze2.jpg
モズの父子2017年6月18日小畔川

川沿いに歩くと、数百MTおきにモズの巣立ち雛がいる
お父さんに餌をもらって、まだ物足りなそうな雛、反対にお父さんは大分くたびれた感じ

170618koaze3.jpg
朗々と囀るガビチョウ2017年6月18日小畔川

ガビチョウも増えた、生息環境を選ばぬたくましい鳥で、平地から亜高山帯までどこにでも出現してくる
この個体は囀りの中にコジュケイの声を真似して取り入れていた

170618kawajima.jpg
ドジョウを捕えたダイサギ2017年6月18日坂戸市

ありふれたダイサギ(チュウダイサギ)だけど、この季節だけは飾り羽が生えて見違えるように美しい
この個体は嘴が完全に黒くなっていない
数羽のダイサギが次から次にドジョウを捕えて食べている
この水田にこんなに沢山ドジョウがいたのかとそちらに驚いてしまった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR