FC2ブログ

モンゴル路傍の青い花

120817mongol8.jpg
2012年8月17日テレルジ
野生馬の回で紹介したように2012、2013年と2夏続けてモンゴルに旅行した
もちろん鳥を見るのが主目的なのだけど、ここの植物の美しさには目を奪われた
120814mongol2.jpg
2012年8月14日ウランバートル郊外、突厥の崩れかけた遺跡
日本の野草は青系統の花が少ない、あってもオオイヌノフグリやツユクサなどの地味なものばかり
120814mongol3.jpg
ツメレンゲ類2012年8月14日同遺跡
遺跡の石積み上にも花が咲いていた
120814mongol4.jpg
2014年8月14日ウギー湖
宿泊したのはゲルと呼ばれるテントで出来たキャンプ、周囲はウツボグサのような花が満開
そこにはコヒオドシが訪れていた、この撮影したすぐ後この蝶をイナバビタキが捕えて食べてしまった
120815mongol1.jpg
2012年8月15日ウギー湖
ゲルのすぐ前には可憐なマンテマの類があった
120815mongol.jpg
2012年8月15日ウギー湖
ウギー湖の周りの小高い所にはルリタマアザミ類がたくさん咲いていた
園芸種の薄い紫がかった色ではなく、これでもかという程の深いサファイヤブルー
120816mongol1.jpg
2016年8月16日
ウランバートルへの帰路、路傍のリンドウ、これも青い
120816mongol2.jpg
2012年8月16日ウランバートル郊外
ナデシコもある、こちらはど派手なピンク
120817mongol1.jpg
2012年8月17日テレルジ
モンゴルというと誰もが大草原を思い浮かべる、実際そうなのだけど
ウランバートルの東50KMほどにあるテレルジ国立公園には立派な針葉樹林がある
120817mongol2.jpg
2012年8月17日テレルジ
8月中旬のテレルジは秋の花々が咲き誇っていて、どこを見ても花だらけ
ワレモコウやツリガネニンジンを見ていると日本の秋の高原に居るのかと錯覚してしまうほど
120817mongol3.jpg
2012年8月17日テレルジ
キク科は難しい、でもきれいなら何でもよいか
120817mongol4.jpg
2012年8月17日テレルジ
スカビオサ(マツムシソウ類)、これも多かった
120817mongol5.jpg
2012年8月17日テレルジ
あまたある花の中で一番目をひいたのがデルフィニウム(ヒエンソウ)類
この青い花の豪華さは際立っていた、これを見るためだけに旅行に来てもよいくらいだ
120817mongol6.jpg
2012年8月17日テレルジ
とにかくどこを見ても花だらけ、下ばかり見ていたので見逃した鳥もいただろう、でもそれはそれでOK
120817mongol7.jpg
2012年8月17日テレルジ
フウロソウも青い、この類は日本でもタカネグンナイフウロなどは青紫だけど、一般的にはピンクの花のイメージだ

前回の野生馬の回でモンゴルを扱ったので、続いて彼の地の花について紹介してみた
でも馬や花だけ見ていた訳ではなくて、ちゃんと本業の鳥もたっぷり観察してきた事を付け加えておこう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR