ノスリVSヘビ

ノスリはネズミばかり食べている鳥という印象があるけど、時々ヘビを襲う事がある
夏が来ると思いだす
2013年の8月14日の炎天下、隣町の川島町で大きなアオダイショウを襲うノスリを目撃した
130814kawajima11.jpg
電柱にとまっていたノスリが休耕地に降りてきた、換羽中の♂のようだ
130814kawajima12.jpg
翼を広げて何かを威嚇している
130814kawajima15.jpg
相手は大きなアオダイショウだった、激しく首をもたげて抵抗する、凄まじい気迫が伝わってくる
一進一退の攻防は20分ほど続いた、僕は滝のような汗をかきながら暑さも忘れて見入っていた
130814kawajima13.jpg
ノスリはヘビの激しい反撃に攻めあぐねていた
その内こう着状態となり、ノスリは相手が大きすぎたと判断したのか飛び去っていった
長年鳥を見てきたけど、中々こういう場面に遭遇する事はない
手あかのついた陳腐な表現になるけど自然のドラマを見たと言ってもいいかな

でもノスリはいつも退却ばかりしているわけではない
161105kawajima21.jpg
2016年11月5日同じく川島町
今度はヤマカガシを一瞬で捕えて見せた、瞬殺(まだヘビは生きてるけど)とはこの事かと思う鮮やかさ
161105kawajima22.jpg
いつも電柱にとまって眠そうにしているノスリとは別の生物かと思えるほど精悍に見える
161105kawajima23.jpg
地上に降りて食べ始めた、ヤマカガシは強い毒をもっているけど平気で食べてしまう
ヘビの毒はタンパク質なので、血液中に入ると致命的でも消化器系から入った場合は消化されてしまうのだろう
この個体は若い♀のようだ
ノスリは鷹の中では人気が無い種だ、でも僕は好きな鳥で時折見せる猛禽らしさが心憎い
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

凸凹ダック

Author:凸凹ダック
埼玉、川越市を流れる小畔川のほとりに住んでいます
近所の身近な自然や、大好きな旅行、そこで出会った鳥や生き物を紹介したいと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR